アンティーク】銀食器資産になる銀器ブランド⑥DAVID ANDERSON デビッド アンデルセン

せっかくなら資産としての価値のある銀食器を選びたい!

銀食器ブランド どのブランドなら高く買い取られるの?

北欧ノルウェーの【DAVID ANDERSONデビッド アンデルセン】のジュエリーのように美しい銀食器がおすすめです!

今回は銀食器選びの参考に、「リセールバリュー(買い取り価値)も期待できる」「資産価値としても評価される」ノルウェーの老舗銀食器ブランド【DAVID デビッドアンデルセン】 を紹介していきたいと思います。

目次

おすすめ銀器ブランド⑥ ノルウェー 【DAVID ANDERSON】

DAVID ANDERSENの美しいエナメル装飾

北欧ノルウェーの銀食器というと、なかなか日本では馴染みがないかも多いのではと思います。

銀食器というとイギリスやフランスが有名ですが、北欧のブランドにはイギリスやフランスの銀器にはない魅力がまたあるんです!

北欧ではデンマークの【Geoge Jensenジョージジェンセン】と並び、高い評価をされるノルウェーの【DAVID ANDERSEN デビッド アンデルセン】はノルウェーで一番クオリティが高いと言われる銀細工 宝飾品のブランドです。

 【DAVID ANDERSENデビッド アンデルセン】の銀器の魅力は ジュエリーのようなエナメル細工の美しさ!

まるで宝飾品のようなカトラリー

北欧の銀器ブランドの特長はまるで宝石のような」美しさこれはフランスやイギリスの銀器にはない魅力だと思います。

NORWAY STERLING 925S スターリングシルバーにヴェルメイユ加工

エナメル加工や、金を用いたヴェルメイユ加工なども多く、王室御用達のジュエラーとして、現在も宝飾品を中心に展開している同社ならではの、銀器カトラリーは非常に色彩豊かで優美なものが多いですね。

※ヴェルメイユ・・・単に金メッキと誤解されがちですが、欧州には基準がしっかりあります。「18金もしくは24金を厚さ1.5μミクロンの厚さでスターリングシルバー(シルバー925/1000)にコーティングすること」が条件として決められています。北欧の銀器ブランド このDAVID ANDERSENでも良く見られる装飾となっています。

DAVID ANDERSENデビッド アンデルセン の歴史

DAVID ANDERSENの素敵なシュガートング

デビッド・アンデルセンは 1876年にノルウェーのオスロに創業しました。

当初は小さな金銀細工の職人として、宝飾品や金銀細工の製品をハンドクラフトにて製作しておりましたが、徐々にその高い品質が評価され、

1888年には新たな蒸気動力の製造工場を作るまでに事業は成長。

1901年には 息子のアーサー・アンデルセンが事業を継承し、会社として【DAVID-ANDERSEN】を設立。

美しいエナメル加工が素敵なアクセントです。

息子のアーサーの時代には特長である、「美しいエナメル加工」そして「宝飾品ジュエリー」などの製品ラインナップを拡大していきました。

今日ではノルウェイ王室御用達の宝飾品ブランドとして、ジュエリーの印象が強い【DAVID ANDERSENデビッドアンデルセン】ですが、

その長い歴史の中で展開されていた銀食器、カトラリーも非常に美しいものが多く、世界的にコレクターの多いブランドです。

DAVID ANDERSENのシュガートング。このギミックが素晴らしい!

北欧ブランドでは デンマークの【Geoge Gensenジョージジェンセン】 そしてノルウェーの【DAVID ANDERSENデビッド アンデルセン】が2大巨頭だと思います。

2社ともに 王室御用達の宝飾品メーカーとして現在では、ジュエリーも大変人気ですね。

【DAVID ANDERSENデビッド・アンデルセン】の銀器も間違いなく「本物の品質」です!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yn1173のアバター yn1173 飲食店店長

海好き&ビール大好き、湘南在住20年。最近ビール腹に悩みながらも、毎週末は海でデトックスする中年サーファー。ゆったりスローライフとアンティークに囲まれた生活を夢見ながら、スローな情報発信をさせていただきます。ブログ開始2021年7月の超初心者。ゆったり読んでいただければ幸いです。
サーフィン歴16年。 最近アンティーク銀器にはまり仏蘭西の銀器「クリストフル」が憧れ。

コメント

コメントする

目次