サーフィン初心者向】サーフィン グッズ 最低限必要なモノ!厳選5選

とりあえず、サーフボードと水着あればサーフィンできる?

ちょっとまって!これだけは最低限揃えてほしいサーフィングッズがあるよ!

ということで、東京オリンピックで盛り上がった2021年夏。

サーフィン競技でも日本人が活躍しましたね~。 サーフィンに興味を持たれた方 始めたいと思った方も多いのではないでしょうか。

とりあえず、サーフショップで一番最初に揃えるべき「これがないとサーフィン始まらない!」という道具はこちらです。

  • 水着&ウェットスーツ
  • サーフボード&フィン
  • リーシュコード
  • ワックス
  • デッキパッド(なくても可)

下の記事でも紹介しております。

上記は、本当に無いとサーフィンできません。これを持って海に入るっていう道具ですよね。

今回は、サーフボードの陸上でのメンテナンスや運ぶ時につかう「これだけはあったほうが良い」というサーフグッズに絞ってご紹介します。

目次

最低限必要なサーフィングッズ①    【ワックススクレーパー】

ワックスはボードに立つ時に足が滑らないように、入水前に毎回サーフボードに塗る必要があります。

そうすると、段々厚塗りになってくるし、柔らかい冬用のワックスなどは特に、汚れが固着してくるんですよね。

気づいたらサーフボードが真っ黒に!? こんなことも。

見た目も悪くなりますし、季節にあったワックスに塗り替える為に、「古いワックスは定期的に剥がす」これはマストです。

ワックススクレーパー】は要するに「ワックスを剥がすヘラ」のような物。

サーフボードを傷つけないような素材で出来ていますので、サーフィン専用の【ワックススクレーパー】を使うようにしましょうね。

最低限必要なサーフィングッズ②    【ワックスリムーバー】

ワックスにはベースコートと季節に合わせて塗るトップコートがあります。トップコートは入水のたびに塗る物ですが、ベースコートは基本数ヶ月は塗ったままでOKなワックスです。

この【ワックスリムーバー】は季節の変わり目や、長期間のボードの保管の為に、ベースコートワックスまで完全にキレイに剥がす為に必要になります。

使い方は まず、【ワックススクレーパー】でワックスを剥がしたあとに、残っているボード面のワックスに【ワックスリムーバー】を塗布していきます。

スプレータイプの物が多いので簡単に塗布できます。塗布して30秒ほどでワックスが溶け出しますので、いらないタオルやティッシュペーパーで拭き取っていきます。

その後中性洗剤などでサーフボードを洗えば、ワックスは完全に落ちます。ここで新たなキズなどに気づいたりしますので、リペアメンテナンスの為にも数ヶ月に1回は【ワックスリムーバー】でサーフボードをキレイにすることがおすすめ

リムーバーは可燃性溶剤なのでくれぐれも火気厳禁で、屋外作業で行いましょう!

最低限必要なサーフィングッズ③    【ウェットスーツシャンプー&ソフナー】

快適なサーフィンの為にはウェットスーツのメンテナンスも欠かせません。

特にフルスーツは【柔軟性】がサーフィンのパフォーマンスにも影響しますので、できればラウンド5回~10回程度に1回は【ウェットスーツシャンプ&ソフナーでお手入れしたいところです。

使い方はウォーターボックスなどに貯めた水(もしくはぬるま湯)に、適量の【ウェットスーツシャンプー】を注ぎ、あとはもみ洗いして、すすぎます。

その後 容器の水を入れ替えて【ウェットスーツソフナー】を適量注ぎ、5分から10分程度ウェットスーツを浸漬させます。

ウェットスーツソフナーは洗い流す必要はありません。つけ置きしたらそのまますすがずに陰干ししましょう。

メンテナンスでウェットスーツの劣化が変わりますので、こまめなメンテナンスを心がけましょう。

くれぐれも 熱いお湯でウェットスーツを洗うのは厳禁!ウェット生地の接着ボンドが剥がれてしまいます。

最低限必要なサーフィングッズ④    【サーフボードケース】

海に家が近く、自転車や歩きでサーフポイントに行ける場合は不要かもしれませんが、

サーフトリップに行くときや、車や電車でポイントまでいかれる場合は【サーフボードケース】があると安心。

ハードケース、ソフト(ニット)ケースがあり、ハードケースならば中に緩衝材(クッション材)が入っているので安心。

長距離の運搬にはハードケース、比較的近場の運搬ならばソフトケースと使い分ければ良いと思います。

最低限必要なサーフィングッズ⑤    【サーフボードリペアテープ】

サーフボードはとってもデリケート。ちょっとぶつけただけで傷つくのが悩みどころ。(最近は丈夫な素材のボードなどもありますが)

そんな時の為に、応急リペアグッズは欠かせません。

一番簡単なのが、リペアテープですね私のおすすめはクリアなタイプ。これならば目立たず、見た目も悪くありませんので、ある程度の小傷はこれで当分しのげます。

使用するときは接着面の汚れ、ワックスはしっかり落としてから使いましょう。

時間があるときに小傷はまとめてレジンで治せば良いと思います。

今回は最低限必要な道具を 厳選して5選紹介しました。

サーフィンをするフィールドは「海」ですから 道具さえ揃えてしまえば、お金もかからないスポーツです。

ぜひ貴方もサーフィン始めてみませんか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

yn1173のアバター yn1173 飲食店店長

海好き&ビール大好き、湘南在住20年。最近ビール腹に悩みながらも、毎週末は海でデトックスする中年サーファー。ゆったりスローライフとアンティークに囲まれた生活を夢見ながら、スローな情報発信をさせていただきます。ブログ開始2021年7月の超初心者。ゆったり読んでいただければ幸いです。
サーフィン歴16年。 最近アンティーク銀器にはまり仏蘭西の銀器「クリストフル」が憧れ。

コメント

コメントする

目次